FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ひまりちゃんと偕楽園

2007.05.27 (Sun)

今日もいいお天気ってかむしろ暑いっ

朝の4時消灯したにもかかわらず、低血圧な私はお風呂からの『OCEAN VIEWが見たい!』
って頑張って朝起きて一人お風呂へ
ほぼ貸切のお風呂から海のいい眺めでした
(お風呂からは無理なのでとりあえず日の出をお部屋から)

Dsc02112.jpg


そして朝ご飯を食べ、ホテル目の前にある大洗磯前神社へ行ってきた。
ここの神社は」古くから家内安全・海上安全の守り神として信仰を集めているらしい。 関東唯一といわれる16Mの大きな鳥居で知られているらしい。
んだけど、、、その肝心な鳥居を取り忘れてしまった。。。

temple.jpg


初節句をやっていたり、私達みたいな観光の人が居たり、置いてあったかえるに触れたりウサギの形した可愛い絵馬を発見しながらいろんなもの見て遊んでた。

その後は、神社から大洗駅までの道のり、途中酒蔵を見つけて試飲

sake.jpg



やたらとレトロなサンパツ屋さんがいっぱいあった

barbar.jpg


sign.jpg


こんなことをしてたので、大洗から水戸駅までの数少ない電車に遅れそうになり私達は相変わらずダッシュ!!何とかぎりぎり間に合い、お昼の水戸在住、えみちんとの待ち合わせに間に合った。

4人で水戸ホテルの中にある中華料理レストランでのんびりランチあまりに出てきたものが多すぎて写真は断念した。

ランチを済ませ、今度はひまりちゃんに会いに行って来た。えみの可愛いひまりちんはもうすぐ1歳になる可愛い女の子

himarichan.jpg


前から写真では見ていたけれど実際に会うのは初めて。
今回まだ慣れていなかったのでひまりちゃんはままの側から離れない
でも、写真よりやっぱり実物はかわいいわぁ~

しばらくひまりちゃんと遊び、えみとひまりちんが送ってくれた場所は、水戸にある日本三名園のひとつ、偕楽園。
送ってくれて最後のお別れ 最後のひまりちんは大泣き。
きっと寂しかったに違いない。。。(と、勝手な3人の憶測。)

ここの偕楽園はたくさんの梅の木があり、2月20日から始まる梅祭りでは約1億3000本の梅が咲くらしい
初夏にはつつじ、秋にはハギ。
なのに、今回はどれも無かったことが残念

まず入ると見つけたのはこの大きな木に、大理石の井筒から清水が湧き出ているという吐玉泉

kairakuen.jpg

(注:この黄色いのそこにいたおじちゃんのタオル、、、取ってくれなかったのでこのまま撮影)

そして奥に入り、上へと上がっていくと素剛優雅な外観の好文亭。

kairakuen1.jpg


その大きなお屋敷の上から見た眺めはこんな感じ。
めっちゃ見晴らし最高

kairakuen2.jpg


中はかなりデザインが古く、中にはエレベーターの起源になったとも言われる、食べ物を運ぶ小さな箱のようなものも展示されていた。

kairakuen3.jpg


邸内外に出るとこんなちいさな休憩所まで置いてある。
ちょうど屋根が私の身長くらいの小さな場所。なので真近で初めてわらぶき屋根を見れて感動

kairakuen4.jpg



しばしのんびりした時間を過ごし、気が付いたらすでに5時。
明日は普通にお仕事なのでその後帰路に着きました。

そこからバスで約15分くらいかけて駅へ。

相変わらずぎりぎりな私達はそこから駅までのバスに乗るためのバス停までもまたダッシュ また運良くバスに乗れ、電車にもすんなり乗れ、3人は爆睡の中東京へ。

1泊2日の旅。 土日だけだったのにかなり堪能したせいかめっちゃ長い時間を3人(一時、5人)で過ごした気がする。
念願の納豆三昧だったし、ホテルではのんびりお風呂には入れたし、美味しいご飯食べれたし、ひさしぶりにいっぱいお話も出来たし、3年ほど会っていなかったえみにも初対面のひまりちんにも会え、かなりの珍道中だったけどめっちゃめちゃ楽しかったぁ~~~~
スポンサーサイト



11:28  |  TraVeL  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lavidafeliz.blog89.fc2.com/tb.php/50-b5c5b735

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |