FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

1週間、入院日記 ~経験偏~

2008.08.22 (Fri)



1週間分のお天気をまとめてみると、こんな感じになるんかなぁ~・・・
お盆の真っ最中からしばらくはめっちゃ晴れてたのに、なぜか後半、週の後半は雨と雷がすごかった気がする。


              1週間。            長かったぁ~~~



大抵の人たちがお家でのんびり、『おやすみだぁ~~~!!!』とうきうき野盆待っただなか、私は本当に不安でどうしようもない1週間やった気がする。


14日から、1週間。人生で2回目の入院をした。 しかも今回は生まれて初めて手術までそんなに難しいものでもなく体に小さな小さな傷が残るくらい。世の中の人からすると『へ!!』と思わせるくらいのもの。だけど、私はひたすら不安で不安で仕方が無かった



もう初日からず~~~~っとずっと、それよりもずっと前、この日が決まってからの私はひたすら、




                          そわそわそわそわ、、、、、



入院前の看護師さんへのアンケートにも、

 
                      『何か不安な事や伝えておきたい事はありますか?』



の欄へ、                    『夜が不安』




と一言だけ書き、               『これはなんですか??』


と言われ、               『え、、、病院だし、夜、寝るのが怖いです。』



と真剣に答えた私。。。。
(周りから、『子供かっ!!』と言われ、切なくなった。。。


病院に入ったら、いきなり食欲をなくし、お腹がなるのに手は進まず
手術当日までにいろんな人たちに励ましてもらったり、『大丈夫!!』と何度も何度も行ってもらったにもかかわらず、やっぱり不安で、そばにお母さんもけんちゃんもいたのに、当日、、、、






 
                          手術台で泣いた私




こんな人、めったにいないのかもしれない。
周りにいた看護師、先生、めっちゃアワワ、アワワ、、、、 『大丈夫??大丈夫??』って何度も効かれ、めっちゃみんなに慰められて涙を拭いて。。。。




そこからは何の記憶も無いままに気が付いたら終わっていたのだけど、





      

                        
                さらに、、、、麻酔からさめた安心感でまた泣いた私




『無事に終わってよかった。。。』と。


周りにいてくれた人たちと、何事も無く手術を終えてくれた先生と、周りの看護師さんたちにめっちゃ感謝 お見舞いに来てくれた人たちにめっちゃ感謝





次の日からは多少の痛みはあったものの歩く事もできるしすこしづつご飯も食べれたし、経過は順調で、1週間後すっかり元気に退院



本当、『病気』、『病院』という言葉にめっぽう弱い私
高校生の時に病気で、めっちゃ大変な手術をし、長い間入院していたお母さんを見ていたからなのかもしれない。



にしても、、、、、




本当、弱すぎ。。。。
周りの人たちの優しさに本当、感謝 めっちゃ感謝

                        
スポンサーサイト



14:38  |  Daily  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lavidafeliz.blog89.fc2.com/tb.php/380-7ab962f6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |