FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

今日の晩御飯★

2008.02.14 (Thu)



木曜日ーーー あと1日で今週も終わりー

今週は1週間、なにげにお仕事、することが多く、気がついたら帰宅時間になることが多い 暇なことより忙しいことが好きな私はそんな今週が嬉しかったりする。あっという間に週末が来てしまうことが嬉しいっ

******************************************* ばれんたいん **************************

2月14日バレンタイン 
相変わらず私は昨日もチョコレート売り場へ行き、いろんなチョコレートを見てきた。
(今日はそのまま帰宅~~~

めっちゃ女性祭りの中にたまぁ~~~にいるおじちゃん
日本ではあまり男性からっ女性へこの日にチョコを渡す習慣が無いけれど私は以前、めっちゃめちゃ前にバレンタインデーに花束をもらった事があって(普通に友達からだけど、、、)『花束なんて、、、』と思っていたにもかかわらずめっちゃ嬉しかったのを思い出した
このたまぁ~にいるおじちゃんは誰かにプレゼントするために来たのだか分からないけど、なんとなく『いいなぁ~』と思ってしまった。

*********************************************************************************

お家に帰って今日の夜ご飯: 今日のご飯は洋風に。。。と考えて思いついたものたち

                       080214.jpg


サラダにはなぜか、和風のアボガドサラダ。いつものようにアボガドにはわさびに醤油、マヨネーズを混ぜ合わせてある。そして、レタスが無かったので今日はキャベツを代用。それにオニオンスライスにトマト

スープには私のレシピより、マッシュルームクリームスープ 本当ならマッシュルームを使用するのだけどこれも冷蔵庫の中からみつけたもの、しめじに舞茸を使用。 大学のときに住んでいた寮でたまに出ていたスープをどうしてもお家で作りたくて見つけたレシピを自分流にしてみたもの。かなりクリーミーで美味しい

それから今回もYOME様レシピからもらったメキシカン風酢豚と言うものを自分流にアレンジ。お野菜にはトマトとアボガド+ほうれん草を加え、本当は豚も揚げ、素揚げするお野菜を小麦粉をつけた豚肉を焼き、そのままお野菜を焼き、YOME様のソースを使ってからめてみた。そのソースもタバスコの代わりにチリソースにチリペッパーを加え代用。

なかなかピリ辛の美味しい炒め物になった(と思う。)

最近は一つのレシピを見て自分流にアレンジして作ってみるのがマイブーム
それを『美味しい』と言って食べてもらえることが出来れば私は『今日も幸せ』と言う気分でいられる事に最近再確認。

            
            なので私はいつも誰かがお家に遊びに来てくれることを待ち構えてkる
スポンサーサイト



23:29  |  cooking  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

St. Valentine

 日本と海外ではバレンタインの伝統違いますからねぇ~(^^)
こんな美味しそうな料理を作れる&食べられるなんてうらやましい限りですw
 辛いものは食欲増すし温まるのでこの時期にサイコーですね☆
 I'm always hungryです...
ゆーすけ |  2008.02.16(土) 21:42 | URL |  【編集】

ゆーすけ君 ★ めっちゃひさしぶりやね!! 日記見てくれてありがとぉ~~★

そうなの。バレンタインのお返しの習慣(ホワイトデー)がアメリカには無いからバレンタインデーにみんながあげたりもらったりするのかもしれないけどねぇ~。

いやいや、、いつも適当にある材料で作ったりしてみてるだけですよ。。。
これからもそういってもらえるように頑張って作っていくわっ!!

辛い料理は好きなので結構作ってるかもー。
この時期お鍋も辛いの、美味しいっ♪
ゆかり |  2008.02.18(月) 09:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lavidafeliz.blog89.fc2.com/tb.php/256-f94faf43

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |