FC2ブログ

私の涙と天才ピカソの絵。

2008.12.12 (Fri)



なんか、暖かい金曜日 絶対地球温暖化やわ

なのに世の中、寒い事ばかり、、、来年は暖かい世の中になるんだろうか。。。


**************************************

今日は朝からせちがないニュースを再度知らされ、ど~んより

お昼には久々に天丼の定食を食べた。それからはひたすらお腹いっぱいの中、
セチガナイ世の中にもらった上司からのイタタマレナイメールを見て、私は一人、泣いてしまった。。。。あまりに号泣しそうでまわりにバレタラ恥ずかしいばかりなので急いでトイレにダッシュし、久々に目を真っ赤にして泣いてしまった。。。。








                       なんていい上司なんだろう。。。。





スッキリしたはずの私の心がまた悲しい気持ちになりだした瞬間に出た涙。
今日は1日ホント、ひらすら涙腺が弱くなり、すべてのことに頭が回らなくなってしまい、新橋での打ち合わせ、この間遅れてしまったのでめっちゃ早く出たにもかかわらず、、、






                 間違えて、京浜東北線:快速電車に乗ってしまい、
                 (↑新橋は通過駅)



                 道に迷い、(← 神田の風景と似ていたためなぜか勘違い)
         


                 打ち合わせの場所がわからずひたすらエレベーターに乗り、
                 (↑よく考えたらちゃんとメモしておいたの思い出した)




                          結局、、、、遅刻。


**************************************


そんなこんなでようやく到着し、約2時間の会議を終え、今日はもうこの1週間ずっと、ずっと楽しみにしていた場所へ向かった。

                 081212.jpg


                             ピカソ展


もうずっとずっと行ってみたかったので本当嬉しかった

約1時間半ほど、めっちゃじっくり絵を見ながら世の中のことを忘れさせてもらっていた。


    

                          彼は天才




本当にそう思う。スペイン人が彼を誇りに思うのは当然だと思った。
学校のスペイン語の授業でスペインの歴史を勉強したなかで彼の歴史も少し習ったので一度いろんな作品を見てみたかった。 その授業のおかげで私はひたすらスペインに行きたくてしょうがなくなったのです。
なん点もの作品、年代ごとに仕切られているのだけど、その年代ごとにテーマにするものと奥さんが変わっていくのが面白い。 しかもこちらもまた授業で習った写真家、ロバートキャパが撮ったピカソの写真も展示されていたのは驚いた





                           週末の金曜日




なんだかつくづくいい上司に恵まれたことを感じることが出来たこと、念願のARTな素敵な時間をすごせた事により、また小さな幸せを感じられた1日やったわぁ
スポンサーサイト



22:03  |  Daily  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |